2019.05 主体性回復モデルJ
【第
4段階「行動(生活全体)をマネジメントできる」】

主体性3要素が揃い、行動をしていくうちに、

自分にできることとできない事の折合がつき、

周囲を見渡して自身を考えられるようになり、


価値観の変化から、

「いまの自分が自分らしい」

「新しい自分が自分だ」
と思えるようになり、

自尊感情が高まります。


この段階では、新たな価値体系で、

生活全体を自ら構築(マネジメント)しています。


病前にも増して活動範囲を広げている方もいます。


同じ障害の方のためになることをしたいと思って、

ピアサポートの活動を進んでされる方もいます。

第0段階「できない事を認識できていない」

第1段階「行動を起こしづらい状態」

第2段階「行動を起こす準備段階」

第3段階「行動を起こせる」

第4段階「行動(生活全体)をマネジメントできる」
それぞれの段階についての説明は、
上記リンクで見られます。



「主体性回復モデル」の詳細は

「脳損傷による中途障害者の長期的な主体性回復のプロセス」

という題名で

”Japanese Journal of Comprehensive Rehabilitation Science

(JJCRS)” 

にアップロードされています。

 

日本語論文URL:http://square.umin.ac.jp/jjcrs/2019_29-36j.pdf

英語論文URL:http://square.umin.ac.jp/jjcrs/2019_29-36e.pdf

でご確認いただけます。